6/16~17 プチクルージング

2018-06-17 | 20:52

土日は、あのトローラータイプの船で多度津迄プチクルージングに行って来た。

出航は9時30分頃、15NMの距離なので順調に行くと2時間位で到着すると思う。

PBから下津井瀬戸までは直線では走れないので浅い所を迂回して航路ブイに沿って航行、航路を逸脱するとそこには悪魔の手が待っている。

下津井瀬戸や水島南北航路では出会う船も少なく順調に南下、スリルがなく面白くない。

6-16備讃瀬戸航路
▲航路の交差部は油断が出来ない、当然横断禁止部分を外して走る                       

6-17穏やかな
▲潮に乗ってノンビリ7.5kt

6-17プチクルージング
▲お天気がいいので外が気持ちいい

定刻通り11時30分多度津港到着、ここは何度来ても入口が分かりずらい。右舷の赤灯台が艤装中の船の陰になって見にくいのが原因だ。

丁度お昼なのでいつもの「うどん屋」さんへ、釜揚げ小(1玉)とトッピングでかつ丼(極小)を取って490円なり「安いし美味い」

6-17残念日曜日や
▲明日の朝もここで朝うどん

コーヒーを飲んで休憩後、何時もお世話になっている◎×△マリーンエンジニアリングの社長にご挨拶がてら工場内を見学させてもらった。工場内では、畑に放置された木製のモーターボートを再生中である、エンジンと船底FRP処理だけで400万、金持ちは違うな~と感心するばかりであった。

超腕の良い社長から鋳物溶接の難しさを聞き、先般交換した穴空きヘッドの修理にふんぎりがついた「廃棄に決定」

夕食は、丸亀の一鶴本店で骨付き鳥を食す予定でいたが遠いので変更し、近場の和食店に歩いて行ったが思いの外遠かった。私、到着するとバテバテ、体力がないことを痛感する。

食後歩くのは嫌なのでタクシーで港まで帰り肩振り第二ラウンドを開始、肩振りは永遠と午後11時まで続いたのだった。

11時就寝、1匹の蚊に悩まされ、傾いた船では寝返りも打てず、悶々として熟睡することはなかった「疲れが取れないよ~」

翌日漁船やフェリーの音で起こされたが眠くて目が開かない。朝のルーチンワークを済ませ朝うどんへGO、今日は日曜日なので安くないのね。

午後から帰るのかと思ったら食事をしたら直ぐ出航してしまった。

6-17帰りはチョッピリ風の中
▲向かい風で軽く白波

6-17橋に沿って北上
▲瀬戸大橋に沿って航路外を北上

6-17本船を見ながら
▲本船を見ながら

当然本日は逆潮、30分程余分に掛かって母港に到着した。

う~ん、もう少しノンビリしたかったな。

スポンサーサイト

6/15 注意喚起のために敢えて

2018-06-14 | 22:25

ブログもネタがないので書こうにも書けない、有るとすれば他人ネタかな。

先日友人がクルージングのため自転車を船に積み込もうとして自転車もろとも落水、当初は自転車を片手でもう片方の手は桟橋を掴んでいたそうだが危険を感じ自転車を離したそうだ。

私達が置いている県営桟橋は、Yブームと呼ばれるタイプのもので乗り降りが非常にしにくい。多くの人は、細いビームの上を歩きサイドステー辺りまで行ってデッキに上がっているのが現状だ。

この細いビームの上を歩く時にバランスを崩したり、係留ロ-プに足を引っかけたりして落ちてしまう。そこで少しでもその危険性を少なくするために三角形部分に板を張っている。

6-15f踏み板
▲こんな風に

もう若くはないくれぐれもご注意なされよ。 

6/10 塗装

2018-06-10 | 23:57

今日は、少し気温が低く動いても汗ばむことはないと思い船のデッキにワックスを塗って来た。馬鹿じゃないのとお思いでしょうが、古い船ではゲルコートにワックスがしみ込み滑る感じは全くない。塗る本来の目的は、紫外線からのゲルコートを守ること、最低年1回の施工できっと持ちは格段に違うと思う「信じるものは救われる」

軽く水洗いをして長期間タイプの液体ワックスを塗り込む、拭き取りはしない。今日は水の都合も有りデッキ1/3で終了とした。

6-10暇なので
▲バカなことをやってます

この作業の中でドッグハウスのサイド部分が剥げて来ているのを発見、嫌な物を見てしまった、こうなると直したくなるのが性格、困ったものだ。

さっそく帰宅して修理手順と掛かる費用を出して見た。

材料はイサムのエアーウレタン3本、妥協をしないといけないのだが好みの色がない。

少し話はそれるが人にはそれぞれ趣味だからこその拘りが有る。物を作る時、出来上がりのイメージを想像して作り始め、出来上がった物を見て落胆してしまったことはないだろうか。何故失敗したのか、原因を確かめ次回に活かす、もしくはやり直すことで技能が上がって行く「常に目標を高く持ちそれに向かって進むことが大切だと考える」そして何に拘るかは「人それぞれ」なのである。

今回は、ドッグハウスサイドのウレタン塗装に拘ってみたいと思う。しかし気温と湿度が高すぎるので塗装には向いていない、最悪秋口に変更してもいい、焦ることはない。


6-10この色
▲これはつや消しなので上からクリヤーを掛け塗膜を保護する

さあ準備をするか。

6/5 研究用2GM

2018-06-05 | 20:30

今日は、姫路まで研究用2GM詳細を見に行って来た、本来の目的は肩振り。

6-5全体
▲肝心な所にダメージが有る

6-5一番ピストン
▲NO1シリンダー上部周りが特に酷い、ピストンもデコボコ

6-5致命的
▲ブロックにも傷

この状態であれば整備をしても規定の馬力は出ないだろう、その前に掛からないか。

6-5ヘッド酷い
▲NO1のバルブやチャンバーもこのありさま、修理屋さんが投げたのも頷ける

6-5サンドブラスト
▲試しにサンドブラストを行ってみた、ギリギリ使えるレベル?

6-5この穴から
▲2GM20には右後ろに穴が有りフライホイールに1番、2番の刻印が確認出来た

その刻印に矢印を合わすとピストンが頂点に来る、これでスターターモーターを外さなくてもタペット調整が出来る、又引き出しが増えた。

狭い船内で悩むより広い場所でじっくり眺める「本当に勉強になる」今日もお付き合いありがとうございました。

6-5狂っている
▲姫路からの帰りの燃費計数字46km、壊れてるの

追伸
6/6 満タン方で燃費を測ってみた。248kmで入ったのは8リッター、リッター当たり31k,m、念願の30を超えた。

6/4 検査とバイト

2018-06-04 | 20:54

今日はMRI検査の日、4時間前から絶食なので朝5時に起きて軽く朝食を取り薬を飲んで準備を完了、しかし眠い。検査も短時間で終わり結果は来週予定、面倒だが年2回なので良いか、自分の体の健康だからね。

午後からは新築の測量アルバイト、MRI検査料の足しになるぞ!

6-4こんなのどかな
▲のどかな田園、ここに平屋40坪を超える家を建てている

6-4電気防護柵
▲至る所に電気柵

動物愛護とやらで野生動物が非常に増えている「正確な根拠はない」勝手な想像だが、頭数が増え食べ物がなくなり民家に降りて来るようになった。そして楽に食べ物が手に入ることを学習してしまった。

測量は正方形なのでアッという間に済んでしまった「これじゃ銭にならん」

測量も終わり帰宅途中、昨日の海上徘徊で後ろの舫いを仮止めしかしていない事を思い出した。長い回り道をしてPBまで行き直して来た。

6-4 忘れ物
▲仮止めのまま

明日は姫路に行こう。