2/22 へこむ

2018-02-22 | 22:07

【21日】
適当な木材を求めてHCをフラフラ、安くて良い木がない、それは当たり前。間伐材の節のない所を選んで1枚だけ買って来た。

重量物(19kg)を置くので箱を逆さにしたイメージで考えている。足になる木材は余り薄い物は使えない、横方向は20mm幅の単板、縦は12mmのベニヤ+補強材で組むことにした。

帰宅してさっそく作業開始、ジグソーで切って行くが思いの外上手く切れない、切断した物を見てびっくりデコボコ、相変わらずジグソー使うの下手だね~。

切断・修正が終わり休憩をしていると睡魔が、目が覚めると4時あれっ!

この日は全く作業が進まなかった。

【22日】
朝から普段出ない数の期外収縮「怖かった」少し症状が落ち着いたので車を運転して行きつけの開業医を訪ねた。ここの先生は、日本でも有数の大病院の循環器科部長をつい最近辞め、妻の開業する医院を手伝っている。

小さな医院にも関わらず常に待ち時間1時間弱、圧倒的に高齢者の女性が多い、やっぱり男は早死にか。午後からも行きつけの病院へ、ここも循環器専門のクリニック、医師は7名、研修医を除き全員が県下では名うての人ばかり。何故こんなことをするのか、医師もスキルの差が大きく、又専門分野を外すと誤診の可能性が大きくなると考えているからだ。

開業医の先生からはエコーとトレッドミル検査の予約を頂き、問題が有ればカテーテルに進むとのことであった。クリニックの先生は、特に薬を用いるほどのことないので経過観察と言われた、同じ循環器医師でもこれだけの違いが有る。

てなことでヨット整備は全く進まず、明日も安静かな~、落ち込むな~。

歳は平等に取るけれど、かかる病気は全く平等ではない。この歳になると常にロシアンルーレットをやってる気持ちにさせられる。

スポンサーサイト

2/20 バッテリー台工作

2018-02-20 | 23:17

【19日】
バッテリー台製作に向け、合板を仕入れに大型HCに行って来た。

ラワン合板・構造合板・コンパネ・シナ合板と色々あるが、今回は価格も安くある程度耐水性も有るコンパネを買った。価格は3×6板で1350円、こんな大きな物要らないんだけどな~。大き過ぎて車に乗らないので半分に切ってもらい持ち帰った。

次はニッペの塗料を求めてまた違うHCへ、油性の対候・耐酸性雨に優れたウレタントップを購入し帰宅、オヤジのウインドウショッピング、HC巡りを終え帰宅したのは4時を回っていた。

ここ二日で使った金額は2万円弱、エンジンパーツにバッテリー、それに上記部材、これからまだ上架や船検が有ると言うのに「使い過ぎ」近頃浪費癖が付いてきたようだ。

【20日】
10時作業開始、前日に予め墨線を引いていたので丸鋸で切るのみ、今回は定規も当てずにフリーハンドで切った、修正はカンナでやればいい、どこまでも安易な考えである。

2-20切り出し完了
▲まあまあ真っ直ぐに切れている

カンナで修正や面取り・穴開け、全ての作業と片付けを入れても1時間も掛からなかった。そして即、頭に浮かんだのは「昼食を取ったら船に行き合わしてみよう」

2-20穴を開けと面取り
▲出来上がり

合わしてみると一部少しきつかった、原因はFRPのバリ、船外で少し加工をしてこの作業は終了。明日は、足を付け(この曲線が問題)塗装をすれば出来上がり。

少し時間が有るのでマイナス線を一つの端子盤に一本化、現在は12本の線をハンダで束ねている。これはこれで確実な方法だと思う、しかし配線の追加が出来ない、融通が利かないのだ。以前からここを変更したかった、しかし他の優先項目が有りなおざりになっていた。

2-20端子盤を使って整理・整頓
▲電線とスイッチなど容量が全く加味されていない、よってこのパネルを通して大電流を取り出すことはできない

明日はバッテリー台、足の加工と塗装を行う予定でいる。しかし適当な材料の手持ちがない、工夫で何とかならないかな~。

2/18 バッテリー台製作準備

2018-02-18 | 23:20

今日は、お天気も良く比較的穏やかなので「又行きますか」

到着はいつもと同じ12時10分、まずサブバッテリー置き場の採寸、採寸してから気が付いた、これって中段の棚と同じじゃねえの!。正にその通り又々やっちまった「ボケかまし」結果は、中段の棚を持ち帰りそのまま型を写し取ることにした。

2-18ここにサブバッテリー
▲ここの一番底に水平に板を敷く、船底の形状に合わせて作る、案外面倒だな

2-18現在のメイン
▲今一スッキリしないので、ここも整理整頓の予定

このメインバッテリーも3年目サブバッテリーは5年、メインも交換してもいいのだが先立つ物がない!。

2-18湯煎すると
▲1GMサーモスタット、1日真水に浸けておくだけで見違えるほど綺麗になった、動きもスムーズ

明日は、バッテリー台の材料調達に走ろうと思う。

2/17 水タンク

2018-02-17 | 20:00

今日は「皆さんどうしてるの」の巻。

備え付けタンクからの水は、時々黒いヌメリが出てきて洗い物にも使えない。デッキ掃除や船内拭き掃除位しか使い道がなく宝の持ち腐れになっている。

三度ほど入れ替えと酸素系漂白剤を使ったが、やはりヌメリが出て来る。

水タンクに手を入れゴシゴシと掃除をすればいいのだが、私の船はギャレー部分を取り外さないとタンク内部の掃除が出来ない。

ここで質問「皆さんご自分の船の水タンクの清掃はどうしてる」
1)使っていないので何もしない
2)時々水の入れ替えで済ましている
3)ベビーハイター等の殺菌剤で処理をしている
4)タンク内にブラシを突っ込んで掃除をしている

何か良い方法があればお教え下さい。

さて話は変わって、少し暖かくなってきた・・・と言うことは船のメンテ季節到来「若干まだ早いか」そこで今日は交換部品の準備を行って来た。

2-16消耗品交換
▲これは船内在庫品

今年の交換部品は
1)クーリングパイプ2本(ゴム製)
2)燃料フィルターとパッキン
3)エンジンジンク

清掃は
1)サーモ
2)冷却水経路

電気系は
1)分配端子を使って集中配線&コルゲートでカバー
2)バッテリー交換(NO1のみ)&台座作製

2-17分配端子
▲分配端子、全ての端子に導通が有る

ここに船底塗装が待っている、そろそろピッチを上げてメンテをしないと「頑張れじっさま」

2/14 色々

2018-02-14 | 20:52

【10日】
終日冷たい雨、明日の法事の為に体力温存、終日自宅でゴロゴロしていたと思う(記憶があやふや)

【11日】
午後から法事、お供えとして2万円の出費、それと後日人間ドッグで3万円これは痛い「GPS魚探が買える」

【12日】
姫路のお友達の所へ、楽しいお喋り訪問「いつもご馳走さまで~す」

【13日】
早朝から人間ドッグ、検査結果は前年と変化なし、結果を聞いて帰ると3時頃になってしまった。ヘモグロビンa1cが若干上昇(現在は境界線にある)今日から少し増えた体重を糖質制限と運動で68kgまで落すことに決めた。

これは自己管理が出来れば実現出来る数値、難易度1かな。酒もタバコも甘い物も簡単に止めることが出来る性格、これはひょっとして変人の一端かも。

これに付随して、又ボケをかましてしまった。胃のレントゲン検査の時「右に回って」と言われたにもかかわらず左に回って「それ逆」と言われ恥ずかしかった「もうホンマのじっさまや」

何はともあれ、ダメージの大きな病気がなくて一安心「まだ遊べるぞ」

【14日】
お天気も気温も上がって来た。午後から船を出そうと思ったら南の風が吹き始め春一番の様相、軟弱な私は即欠航とした。

暇なのでデッキを水洗い、新たに買ったデッキシューズを履いてゴシゴシ、気持ちいいね~。明日も天気が良ければハルを磨いてあげたいな。

2-14真っ白
▲もう20リッターのポリ缶を船の上に上げるのがしんどくなった

エンジン・バッテリーその他諸々点検、グランドパッキンからの漏れは80ml程度、もうこれ以上締めこまない方がいいだろう。そしてエンジンの掛りは少し気温が上昇したせいだろうか、以前よりは良くなった。これであればヘッドを解放しなくてもよさそうだ。

まだ1時過ぎ、時間もタップリ有るのでエプトシーラー貼り付け作業開始、今日はエンジン真上と左舷一部を貼った。施工が終わり、以前と聴き比べてみたが余り変化なし、面積が小さいので効果は低い。

ヤマハの船を見ると隙間なくびっしり吸音材を貼っている。排気ブロワーは有るのに吸気口が見当たらない、いったいどこから必要の空気を吸っているのか不思議に思えるほど隙間がない、ここまでしないと効果はないのだろう。

各部異常なし「解散」15時離船で帰途に着いた。